このページを印刷する

漆喰の特性

防火性・断熱性

漆喰の主成分は炭酸カルシウムという無機質で、不燃性の成分からできています。
そのため火に強く、耐火性能に優れています。 また、燃やしても化学物質のようにダイオキシンなどの有害なガスを発生させる心配もなく環境と人体に優しい素材です。 昔の城や蔵が漆喰で塗られていたのも、漆喰が火に強いからなのです。

調湿性

漆喰は多孔質の構造をしているため、吸湿・放湿性に優れた特性を持ちます。
空間の湿度を適度に調節する効果があるため、 結露や多湿を防止し、居心地のよい室内環境をつくります。

抗菌性

漆喰の主成分である炭酸カルシウムは強アルカリ性です。
そのため、細菌の育成や増殖を抑え、カビやダニの発生なども防止してくれます。

防汚性

漆喰は、安定物質であるため、化学物質のように静電気を発生させることはありません。
粉じん、ほこりなどがつくことが少なく、その白さを保つことができます。

吸着性

シックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドや、 VOC揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)を吸着分解し、安心して生活することができます。

安全性

漆喰はクロスや合板と違い化学接着剤を使用しないので、 シックハウス症候群の原因の一つであるホルムアルデヒドなどの物質を放出することはありません。
安全で無害なので、赤ちゃんがいる空間にも安心して使用できます。

メンテナンス性

漆喰は汚れがつきにくく、メンテナンスがほとんど必要ない壁材です。
もし汚れてしまったら、範囲が小さければ消しゴムでこすったり、カッターナイフなどで削ることで取り除くことができます。 また、薄めた漆喰を上から塗りなおして補修することもできます。 これらは、お客様ご自身で手入れをすることができ、年月が経つにつれて味わい深い壁へと変わっていきます。

デザイン性

漆喰はきめ細かく、ざらざらとした質感を持ち、温かみと手仕事を感じさせるやさしい印象の空間を創りあげることができます。
コテの使い方でいろいろな表情を出すこともでき、 色土を混ぜることで好みに合わせた彩色が可能なため、使う場所のイメージに合わせられます。

漆喰の門

TOPへ戻る