このページを印刷する

漆喰の成分

漆喰の生成サイクル

漆喰の生成

消石灰

大理石の元にもなっている、国内で唯一自給可能な鉱物資源の石灰岩と、 貝殻などを窯で焼き、水をくわえて発熱膨張させたものです。 石灰岩に含まれる炭酸カルシウムが、耐久性に富んだ硬い壁を作ります。

壁への塗り付けをスムーズに行うために、粘着性と施工性を高めます。 天然の海藻から抽出したのり材「海藻のり」が使用される場合が多いです。

スサ

麻やわらの繊維くずのことです。これを漆喰に混ぜることにより、接着力の強化や亀裂の防止に役立ちます。石灰が硬化するために欠かせない保水の役目を果たします。

TOPへ戻る